葉酸の1日の摂取量って?

葉酸は、男性や女性、妊活中、妊娠中、全ての人にとって重要な栄養素です。しかし、その摂取量は、男性、女性、妊活中、妊娠初期、妊娠中期、妊娠後期、産後、それぞれで異なります。そこで今回は、男性、女性、妊活中、妊娠初期、妊娠中期、妊娠後期、産後、それぞれの1日の葉酸摂取量についてご紹介したいと思います。
MENU

葉酸の1日の摂取量って?

葉酸の摂取量は、男性、女性、妊活中、妊娠初期、妊娠中期、妊娠後期、産後、それぞれで微妙に異なって来ます。
自分には一体どのくらいの葉酸が必要なのかをしっかりと理解しておくことが大切です。

 

1日の葉酸摂取量は、以下の通りです。

 

・ 男性・・・200μg
・ 女性・・・240μg
・ 妊活中・・・480μg+食事から240μg
・ 妊娠初期・・・480μg+食事から240μg
・ 妊娠中期・・・400μg
・ 妊娠後期・・・400μg
・ 産後(授乳期)・・・340μg

 

男性の場合、妊活中、妊娠中の女性のおよそ半分の量でOKです。
葉酸は精子の質を高めてくれますので、妊活中の男性は意識して摂取していきましょう。

 

妊活中の女性は、妊娠初期と同様の量の葉酸摂取が大切です。
葉酸は赤ちゃんが出来てから摂れば良いというイメージがありますが妊娠する1ヶ月前から摂取することが大切です。
なぜなら妊娠初期の2ヵ月くらいになると赤ちゃんの神経管の形成が終了しますが妊娠に気づいた時はこの時期を過ぎているという事が多くある為です。
神経管が形成される時期に葉酸が不足すると神経管閉鎖障害が起こるリスクが高まります。
葉酸には細胞分裂を正常に促す働きがありますので、妊活中からしっかりと葉酸を摂取すれば赤ちゃんの先天性異常のリスクを低減させることが出来ます。
ですので、妊活中の女性は、妊娠初期と同様の量の葉酸摂取が必要となります。

 

妊娠初期である1~3ヶ月間は、480μgの葉酸サプリに240μgの食事からの葉酸を合わせた量を摂るようにと厚生労働省は推奨していますので、赤ちゃんの先天性異常のリスクを確実に減らす為に葉酸サプリだけに頼らず、毎日の食事から葉酸を摂取することを心がけましょう。葉酸は水溶性ビタミンですので、食事から過剰に摂取しても体内に蓄積せず、体外へ速やかに排出されていきますので、安心して、食事からも積極的に葉酸を摂取してくださいね。

 

妊娠中期と後期は、400μgの葉酸量が必要となります。
産後(授乳期)では340μgの葉酸量が必要となります。
ママが葉酸を摂取すれば母乳を介して、赤ちゃんにも葉酸が届きます。
赤ちゃんが元気で健康に育って行く為には、細胞分裂を促す葉酸は欠かせません。
また母乳は血液から作られますので、授乳中のママは、貧血になりやすくなります。
葉酸はビタミン12と共に赤血球の生成をサポートする働きがあります。
造血ビタミンとも呼ばれる葉酸を摂取すれば、貧血が予防・改善されます。

 

葉酸サプリメントには天然の葉酸サプリメントと合成された合成葉酸2種類あります。
厚生労働省が推奨している葉酸サプリは、合成の葉酸サプリです。
なぜなら体内吸収率が天然の葉酸サプリと比べて、極めて高いからです。
天然の葉酸サプリの方が体に良さそうというイメージがありますが天然由来の葉酸サプリは、熱に弱く、長期の保存に長けていませんので、天候や気候の影響を強く受けやすい為、すぐに劣化してしまうことがあります。
このような点を考えると決して、天然の葉酸サプリ=安心安全とは言い切れませんね。
合成の葉酸サプリは、添加物が入ったものは多くあるかと思いますが最近では、最小限に抑えられている品質の高い合成の葉酸サプリも数多く販売されていますので、安心して、お試しになってみましょう。
ただし、くれぐれも過剰摂取は止めましょう。
葉酸サプリの過剰摂取によって、赤ちゃんがアレルギー体質となってしまう恐れがありますので、必ず用量を守って、摂取していきましょう。

 

このページの先頭へ