葉酸が妊活に有効な理由って?

妊婦さんに必要不可欠な栄養素と言えば葉酸ですよね。厚生労働省は、妊婦さんに1日400マイクログラムの葉酸の摂取を呼びかけています。しかし、葉酸は不妊の改善にも効果があると言われていますので、葉酸は妊活中、不妊症の方にも必要不可欠な栄養素と言われています。そこで今回は葉酸による不妊の改善効果についてご紹介したいと思います。
MENU

葉酸が妊活に有効な理由って?

現代日本は晩婚化が進んでいますので、高齢で赤ちゃんを産む人も年々、増加傾向にあります。またなかなか赤ちゃんが出来ない=不妊に悩むカップルも増えて来ています。
そんな不妊を解消させる効果があると言われているのが葉酸です。

 

不妊の原因には様々ありますがその一つに着床障害があります。
葉酸には子宮内膜を強くする働きがあります。子宮内膜が妊娠しやすい環境に整えられると受精卵が定着しやすくなり、着床障害が起こりにくくなります。
このようなことから葉酸には妊娠力をアップさせる効果があると言われています。
その為、葉酸サプリは、妊活サプリとして、不妊で悩む多くの方にも愛用されています。

 

近年、不妊の原因の50%は、男性にあるということが様々な研究によって明らかとなりましたので、葉酸サプリは夫婦揃って摂取することが望ましいとされています。
卵子だけではなく、精子の機能も高めてくれる葉酸は、男性にも非常にオススメの栄養素です。
男性、女性、共にDNAの合成に関与している葉酸を摂取すると精子や卵子の細胞分裂が正しく行われていくことで、ダウン症や無脳症など赤ちゃんの先天性異常のリスクが大幅に低減し、元気で健康な赤ちゃんを授かれる確率が大幅にアップします。

 

特に妊娠初期である2~3ヶ月は、胎児の細胞分裂が活発になる時期ですのでこの時期に葉酸が不足すると胎児の先天性異常のリスクが高まります。
妊娠したことになかなかすぐに気づけない方も多くいますので、葉酸の摂取が重要となる妊娠初期に葉酸を摂り遅れてしまうことがないように妊娠する1ヶ月前からしっかりと葉酸を摂取しておきましょう。これにより、胎児の奇形のリスクをしっかりと減らすことが出来ます。

 

葉酸は多くの食品にも含まれていますが食品に含まれている葉酸は極僅かであり、また体内吸収率が悪いので、食事だけで摂取しようと考えないようにしましょう。
特に妊娠初期は食事からでは足りなくなることがあります。
また妊娠初期はつわりが酷くなりますので、思うように食べられなくなることで、葉酸だけではなく、他の栄養素も不足気味になります。
だからこそ、体内吸収率が高く、つわり中でも水だけで簡単に摂れるサプリメントを利用することが重要です。
ちなみにビタミンB6が配合された葉酸サプリを利用すれば、つわりを軽減することも出来ますよ。

 

妊活中、妊娠中、どちらでもあっても1日の摂取量はしっかりと守りましょう。
沢山飲めば効果が沢山得られるというわけではありません。
過剰摂取によって、逆に母体、胎児に良くない影響が出る恐れがありますので、注意してください。
昨日、飲み忘れたからと言って、翌日、昨日の分まで飲まないようにしましょうね。

 

 

このように葉酸は妊活にも大変、有効となりますので、赤ちゃんを望まれている方は是非、葉酸サプリを利用してみましょう。
妊娠に気づいたときは、妊娠初期を過ぎていた・・・。
なんて事がないように妊活中からしっかりと葉酸を摂っておきましょうね。
これにより、妊娠初期に起こりやすくなるつわりまで改善させることが出来ますよ。

 

妊活に葉酸サプリは欠かさせないアイテムです!

 

このページの先頭へ