妊活中における葉酸の働きって?

葉酸は妊娠中の女性だけでなく、妊活中の女性にとっても必要不可欠な栄養素であるということをご存知の方は多くいるかと思います。しかし、具体的に葉酸がどのような働きをしてくれるのかについては良く分からないという人も多いのではないでしょうか?そこで今回は妊活中における葉酸の働きについてご紹介したいと思います。
MENU

妊活中における葉酸の働きって?

受精卵は子宮内膜のひだの部分に着床しますが子宮内膜が薄いと着床しにくくなり、妊娠しにくくなります。仮に妊娠が成立したとしてもすぐに流れてしまうことがあります。
子宮内膜を厚く柔らかいフカフカのベッドにする為には卵胞ホルモンの分泌を高める必要があります。
葉酸には卵巣や卵胞の発育をサポートする働きがありますので、葉酸を妊活中に摂取すれば卵胞ホルモンの分泌が高まり、子宮内膜が強化されることで、受精卵の着床率が向上し、妊娠しやすくなります。また子宮内膜が強化されると受精卵がしっかりと守られる為、着床の定着率が高まり、妊娠の継続が高い確率でアップします。

 

不妊症の原因の一つに着床障害がありますので、なかなか赤ちゃんが授からないと悩む方は、着床障害を疑い、不妊対策として、葉酸サプリを積極的に摂取していきましょう。
また葉酸には卵子の質を高める働きもありますので、葉酸サプリを摂取すれば受精卵の染色体異常のリスクが軽減され、元気で健康な赤ちゃんを授かる確率が高まります。

 

このように妊活中における葉酸の最も重要な働きは、子宮内膜を強くし、受精卵が着床しやすい環境に整えることです。

 

 

そして、妊活中における葉酸のもう一つ重要な働きは、血流の改善です。
下半身が冷えると卵巣や子宮の血流が低下することで、その働きが悪くなります。
冷えが不妊の原因の一つであると言われているのはこの為です。
別名、造血ビタミンと言われる葉酸はビタミンB12と共に赤血球の生成をサポートします。
葉酸を摂取すれば血液が増え、血流がアップし、冷えていた卵巣や子宮の働きがアップして、妊娠しやすい状態に整えられていきます。

 

卵巣の血流量は加齢に伴い減少していきますので、30代、40代の方は特に積極的に葉酸を摂取して、卵巣機能を高め、卵胞の成長を促し、排卵をしっかりと促していきましょう。

 

元々冷え性と言う方は、葉酸サプリを摂取するだけでは冷えは改善されないことがありますので、半身浴をする、ウォーキングやストレッチなどの運動をする、体が温まる食事をする、冷房をガンガンに効かせないなどして、体が冷えないライフスタイルを心がけていく必要があります。

このページの先頭へ