35歳からの不妊治療は遅い!?

35歳になって、妊娠を考える方も多くいるかと思います。しかし、35歳になると自然に妊娠出来る可能性は低くなります。その為、なかなか赤ちゃんが授からないと悩んだ結果、不妊治療をスタートさせる方も多くいます。しかし、35歳からの不妊治療は遅いと言われています。35歳から不妊治療をスタートさせるのは本当に遅いのでしょうか?
MENU

35歳からの不妊治療は遅い!?

結論から申しますと35歳から不妊治療を始めるのは遅いと言えます。
なぜなら35歳以降になると、人工授精や体外受精を行っても妊娠出来る確率は40%と妊娠力がかなりダウンしてしまう為です。
また35歳以降は高齢出産となりますので、母子共にリスクが大きくなりますので、若いうちに妊娠・出産の計画をしっかりと立てて、不妊治療をスタートさせておくべきと言えます。若いうちは、毎日の食事やライフスタイルに気をつけるだけで、自然妊娠力を向上させる事が出来る可能性は十分ありますので、不妊治療にかかる費用を抑える事が可能となるでしょう。

 

しかし、35歳以降で自然妊娠をした方は数多くいらっしゃいますので、35歳を過ぎたからと言え、自然妊娠を諦めたり、不妊治療を諦めたりする必要はありません。
35歳以降の妊娠の確率が0%ではない限り、大丈夫です。
ただ35歳以降は高齢出産となり、母体に様々なリスクが伴ってくるのは事実です。
また赤ちゃんを無事に出産出来たとしても段々、年を重ねるごとに体力は低下していきますから子育てが辛くなることがあります。
更に子供が成人した時は、60代となっていますので、これから新しい事をスタートさせようと思っても体力的に難しくなることがありますね。

 

ですので、20代後半のうちに妊娠することがベストと言われています。
卵子は33歳以降から老化すると言われていますので、医学的にも妊娠・出産、そして不妊治療も若いうちがベストと考えられています。

 

高齢出産は、経済的に余裕があるのがメリットですし、いつ結婚して、いつ子供を持つのかを決めるのは人それぞれで良いかと思います。
ですが若いうちは多くの選択肢があるということをどうぞ忘れないで下さいね。
まだ若いから人生計画なんて必要ないと考える方も多いかと思いますが若いからこそ、いろんな計画が立てられるのです。
子供の人数、結婚・出産の年齢、子育てを終えて、スタートさせることなど様々な事を考える事が出来ます。

 

また、妊娠線後の妊娠線予防も忘れてはいけません。for fam(フォーファム)は妊娠線予防にも効果が期待できると人気の妊娠線ケアグッズです!

 

このように35歳からの不妊治療は遅く、また高齢出産による様々なリスクが伴うということは事実です。
35代後半での自然妊娠率は、18%です。
40代前半での自然妊娠率は、4%です。
40代後半での自然妊娠率は、1%になると言われています。
これは医学が進んだ現代でもどうすることも出来ません。
ですので、不妊治療は35歳前からスタートさせていきましょう。
そして、若いうちから正しいライフスタイル、栄養バランスに富んだ食事を心がけて、妊娠しやすい体を維持していくことが大切です。

このページの先頭へ